index

先輩社員の声

営業

先輩社員 営業

キーテクノロジーが
どのように貢献できるかを
意識する

管理営業部 統括

奈須野 浩一

お客様の各案件に対して、当社がどう貢献できるかを意識しながら、商談をして、良好な関係づくりを向上・維持できるように気を付けています。また会社の代表としてお客様に訪問しているので、求めている事を先回りして考え、失礼のない行動を心がけています。

人と人の良好な関係づくり
お客様から得た情報を有効活用していきたい

この仕事は、やはり人と人との関係づくりが重要だと思います。例えば、ご担当者が社内でこちらの案件を検討しやすくするためには、 どうすれば良いか等を考えて資料をまとめたりもしています。 まだまだ勉強する部分が多いですが、自分よりも経験や知識が豊富な人と交渉しながら、そのご要望にあった調整や交渉ができた時は、うれしいし、やりがいにもなっています。

営業

先輩社員 営業

企業選びは実際に足を運び、その会社の雰囲気を
肌で感じることが大切だと思います。

管理営業部 営業課

西宮 大喜

もともと産業を支えている「鉄」に興味があったため、たくさんの会社の中から建設機械業界内での知名度が高く切断から溶接、塗装までの各工程に対応でき、他社よりも優位性が高いと感じた当社に興味を持ちました。
モノづくりにおいて「鉄」は無くてはならない大切なものだと思います。世の中のインフラと同じくらい重要なもので高炉メーカー等、鉄を仕入れる仕事よりも、実際に自社で鉄を切ったり、加工したりする仕事の方がよりモノづくりの現場に近い仕事ができるのでは、と感じ鋼板加工業界のキーテクノロジーで仕事をしたいと思いました。

一日の主な業務の流れ
8:00 出社
8:00~9:00
各メールのチェック
9:00~17:00
各クライアント訪問
17:00~18:00
打ち合わせ内容のまとめ
翌日の準備等

営業の仕事は、様々なことを調整し、
ベストな判断をすること。

やはり自社の製品を工事現場などで見かけるとやりがいを感じます。担当している「営業」という仕事は、お客様と製造部など自社の各部署との間に立って、様々な物事(ご要望、スケジュール、コスト、品質等)を調整するため、ベストな判断をするのが大変な時もありますが、うまくいった時は嬉しいです。
就職活動で企業を選ぶことは大変だと思いますが、会社のパンフレットやホームページの情報だけでは分からないことが多くあります。実際に興味のある会社に足を運び、その会社の雰囲気等を肌で感じることが大切だと思います。 入社してからのギャップを抱かないように、自分の目で見て、疑問点をぶつけることを心がけて、自分に合った企業を見つけていってほしいと思います。

生産技術

先輩社員 生産技術

大きな鋼板を加工する仕事
に興味を持った

技術開発部 技術開発課
生産技術

近藤 光孝

できれば体を動かす仕事に就きたいと考えていたので、大型の鋼板を加工している事業に興味を持ち、会社見学をさせていただきました。当時、案内を担当していただいた方は、何もわからず不安だった私にとても丁寧に各工程の説明をして下さいました。見学をしていた中で、若い先輩も多く、厚い鉄板を溶断する迫力ある仕事や作業に興味を持ったので採用試験を受けさせてさせていただきました。

ものづくりの現場をより良くしていく
生産技術の役割とは?

私の担当業務である『生産技術』は、新規受注の量産準備や作業場の改善、設備故障の復旧作業・業者依頼など多岐に渡るので、やるべきことの優先順位を決めながら日々の業務をしています。現場で、直接生産をしている方々に困っていることはないか聞いてみたり、作業場に入って使いずらそうなものや不安全なものを探せるように目を配る事も『生産技術』の重要な役割だと思っています。中でもロボットのティーチングでは、「いかにロボット溶接後の工程で手間をかけさせない状態にするか」を目標にしています。

生産技術

先輩社員 技術開発

やる気があれば、
チャンスがもらえる

技術開発部 技術開発課 統括

長井 清孝

入社前からモノづくりに興味があり、面接時に『やる気があればチャンスをもらえる』と感じた事が入社の動機です。現在の業務は、工場レイアウト、設備導入、新規製品立ち上げ、治具設計・製作など、プロジェクトによって様々です。 気を付けている事は、業務の進め方など答えを出す事にあまり時間をかけ過ぎないこと。難しい事を後回しにせず、すぐ処理するようにしています。

常に向上心を持ち、
幅広い分野に興味を持つ事を忘れずに

他には、部下の仕事量のバランスや自身も含めて、モチベーションのアップ、報連相の徹底、自分の意見(考え)を持つ事を意識しています。仕事に対しては、やる気、向上心、興味を持つ事が大切だと感じます。能動的な行動や態度を意識し、社内の制度等を積極的に利用して、何でも話せる先輩を見つけることも結構大事です。

事務

先輩社員 営業事務

自分が見積から携わった製品が形になった時、
すごく感動して達成感を感じることができた。

管理営業部 営業事務課

木本 成美

学生の頃は接客業のアルバイトをしていました。就職活動の中で地元にたくさんの製造業の会社があることを知り、この業界にも興味を持つようになりました。生まれ育った地元である群馬県に貢献できるような企業で仕事をしたいと思いながら就職活動をする中で、キーテクノロジーで初めて工場見学をしたときに扱っている製品の大きさに感動したのを覚えています。また、それらの製品がパワーショベル等の建設機械メーカーに納品されて形になり、世界中で活躍しているのを想像すると、事業の大きさにワクワクしました。そしてそんな仕事に携わり、ここで働きたいと思うようになりました。

第一印象で、良い印象を持ってもらえるように
常にお客様のことを考えた行動ができるように意識しています。

主な業務は、電話応対、来客対応、製品情報管理、見積(価格管理)作成、各資料作成等です。
仕事をしていて楽しく感じるのは来客や電話の応対です。学生の頃にしていた接客の経験を生かし、より良いサービスができるように心がけています。会社にいらっしゃった方や問い合わせをした方がいちばん最初に関わるのが私たちの部署です。どんなことでもお客様の想像以上のことができるように日々努力しています。
大変に感じるのは、製缶品や組立品に関する業務です。単品の切り板等に関する仕事であれば、見積やマスタの作成依頼も時間があまりかからないようになりましたが、製缶品や組立品はそうはいきません。一つ一つの部品の見積を作成し、構成を作る作業は数日に渡ります。終わりがなかなか見えず大変に感じることもありました。しかし、自分が見積から携わった製品が形になっているのを見た時はすごく感動して、大きな達成感を感じることができました。

事務

先輩社員 営業事務

挑戦することで、新たな 自分の可能性が見つかる

管理営業部 営業事務統括

矢端 郁代

入社のきっかけは、モノを作る製造業に関わりたいという気持ちがありましたが直接的には難しいため「営業事務」というサポート業務に就こうと考えました。1日の仕事の流れは、スケジュール確認→メール確認→部下へ指示→見積、マスタ作成依頼、材料入力関連作成及び、部下作成分のチェックなど。各業務の間に会議やミーティングもあります。

どんなことも
真面目に取り組む姿勢が大切

各案件、お客様から指定された期限があるため、見積作成や資料作成に苦労した時もありました。現在は注文が入ったら、生産リードタイムをできるだけ確保するため、マスタ作成をスピーディーに行うようにしています。何事にも真面目に取り組む姿勢が大切だと思います。視野を広げて、いろいろな可能性を見い出したやりたいことだけではなく、自分の知らないこと、わからないことに挑戦することで新しい自分の可能性を見い出すことができると思います。